読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆出し講師の覚書

駆出しの講師が、思ったこと、気になったこと、授業する際に自分が覚えておきたいことをまとめます。

生徒にきかれた高校生向けおすすめ参考書(国語編)

中学では古典、漢文って結構サラッとやって終わる内容だったのに、高校になるとそれぞれがボリュームのあるものになって嫌になる子が結構います。私もその一人です。漢文は参考書を読んで比較的読めるようになったんですが(漢文:模試0点→センター25点)、古典はダメでした。受験が終わったのち、試しに買った参考書のおかげで古典も多少よくなりましたが受験の後だったので、意味はなかったです。
また、現代文も何が言いたいのかがわかりづらくなったり、と母国語に関する教科なのに難易度が上がるのが厄介です。ですが、うまく対処すれば恐れることはないのです。

 

現代文の参考書

現代文を苦手とする生徒さんがよくいます。そういった子は文と文のつながり、全体でみたときの段落ごとの役割といった構成に関する部分を読み取ることが苦手とすることが多いです。なので、まずは読み方をトレーニングする必要があります。

 

上記の参考書は現代文を読むときに、読みやすく、理解しやすくするためのテクニックが紹介されています。現代文が苦手、と自信を持って言える子におすすめです。

 

古典の参考書

 

 古文教室は表紙にも書かれているように超基礎を固めたいときに重宝します。それこそ、上一段ってなに???というところからスタートできます。古典担当の先生が嫌いで…、古典の時間は寝る時間…となってる子に最適な参考書だと思います。

基礎はできてるって子にはマドンナシリーズがおすすめです。

インプットが終わったら問題を解いてアウトプットをしなければなりません。解くといっても、基礎を確認することが大事です。基礎の確認は古典文法基礎ドリルがおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル3訂版 [ 井上摩梨 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2017/4/4時点)


 

 

漢文の参考書

漢文は基本となる形を覚えることが大切です。たとえば、「使」があったら使役で、「AヲシテBセシム」って訳せて…という感じです。つまり、字とルール、ルールと訳し方をうまく覚えることが必要です。

 

 

どちらも頻出の形をまとめてくれており、読みやすいのでおすすめです。

確認には以下の教材がおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

漢文改訂版 [ 河合塾国語科 ]
価格:907円(税込、送料無料) (2017/4/4時点)

 

参考書(国語編)は以上です。

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村