読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆出し講師の覚書

駆出しの講師が、授業する際に自分が覚えておきたいことや自身が勉強していることをまとめます。

お題スロット「ケータイについて語りたまえよ」

お題「ケータイと私」

 

はじめてのケータイはJ-PHONEだった

私がはじめてケータイを持ったのは小学2年生のときでした。当時はケータイを持っている大人すら多くなかったなかで、家族が持っているケータイにあこがれた私はわがままを言って持たせてもらいまいした。

そのときのキャリアはJ-PHONEでした。「J-PHONEとは?(笑)」と思われる人が多いかもしれません。J-PHONEJ-PHONEvodafoneソフトバンク(グループ入り)という流れにより、現在のソフトバンク(の一部)ということになります。

はじめてもった期首はもう思い出せないですが、モグラたたきゲームが入っていたのは覚えています。

そして着メロを入れるのも一苦労だった気がします。当時は現在ほどwebサービスが発達していなかったので、特定の場所へ電話して、番号を押しながら欲しい曲をゲットしていた気がします。

なつかしいですね、着メロって言葉。今の中高生には絶対に通じない言葉だと思います。

ケータイによるやらかしエピソード

高校時代に一度だけパケットを使いすぎたことがあり、怒られたことがあります。それ以降は、契約内容を変更してもらうとともに自分でも通信料をチェックしながら失敗を繰り返さないようにしています。

 

相棒はいまだにガラケー

私の相棒はいまだガラケーさんです。スマホも持っているのでいわゆる2台持ちですが。

ガラケーを使っているのは、電話をするならガラケーの方が扱いやすいと考えているためです。なので連絡関係はガラケー、通信関連はスマホ(格安SIM)って使い分けをしています。

私の使い方ではガラケーの方がスマホよりバッテリがもつし、スマホはゲーム機に近いものだと考えているのでガラケーを使っています。単に、昔からガラケーを持っているためガラケーのほうがケータイって感じやすいんですよね。

あ、ガラホは邪道だと思ってます。ガラケーはもっとシンプルで良いと思うのです。

 

ちなみにソニー関連のものが好き

ガラケースマホともにソニー系列のもの。パソコンもVAIOなのである意味持っているデバイスはすべてソニーということになるかもしれません。デザインが好きなんです。